第2話 武器(カメラ)と防具(レンズ)

 武器(カメラ)を選択する

武器(カメラ)を選択する
 
武器(カメラ)の選択だ。
これも重要な項目になるので、職業クラス(撮影ジャンル)と同じでよく考えてくれ。
 
こんぼう、ヒノキの棒、銅の剣、鉄の剣、鉄の爪、ナイフ、ブーメラン、バトルアックス、ボウガン。。
キヤノン、ニコン、ソニー、オリンパス、ペンタックス、フジ、パナソニック、リコー、マミヤ、ライカ。。
 
武器(カメラ)は何を選ぶか。
これはとても難しい。。
君が選んだ職業クラス(撮影ジャンル)によっても変わるし、手持ちのゴールド(予算)の問題もある。
 
マイクロフォーサーズ、APS-C、フルサイズ、中判。
センサーのサイズが大きければそれだけ高画質だが、ゴールドも跳ね上がってくる。
センサーの小さなマイクロフォーサーズが劣るかと言うと、そうとも言い切れない。
ナイフが剣に比べて劣るか❓そんなことはない。
 
私はフィルム時代から、キヤノン、ニコン、ミノルタ、フジ、コニカ、コンタックス、マミヤといろんなカメラを使用してきたが、デジタルになった今はキヤノン一筋だ。
 
理由は私の最初の師匠が、キヤノンを愛用していたからで、師匠の魂を受け継ぎたいという想いがある。
私の中で、キヤノン=オールラウンダーという印象だ。
ちなみに今は5D mark4を使用している。
手に入れてから4ヶ月ほど経つが、今は自分の手足のように自由に振り回すことができる。
 
ちなみにキヤノンという社名の由来は、キヤノン=カンノン=観音菩薩である。
仏教徒の私にとって、それはとても光栄なことだ。
 
君は何を手にしたのかな❓
いきなり中判デジタルや、マニュアル設定のできないコンデジではないだろうな❓
まぁ、それも決まりはないので、選択が間違っていれば、武器屋(ショップorヤフオク)に売って買いなおしてくれ。
 
 

防具(レンズ)を選択する

防具(レンズ)を選択する
 
お次は防具(レンズ)だ。
レンズ選びによって、写真の表現が大きく変わるぞ。
 
布の服、旅人の服、皮の鎧、甲羅の鎧、くさりかたびら、鉄の鎧、武道着、はがねの鎧、魔法の鎧。。
魚眼レンズ、、広角レンズ、標準レンズ、中望遠レンズ、望遠レンズ、シフトレンズ、マクロレンズ。。
 
この項目については、私からのアドバイスとして、
24mm-105mmほどの標準ズームレンズと、50mm単焦点レンズの2本を初期装備にすすめる。

理由は上記のズームレンズがあればほとんどのものが撮影できること。
50mmはズームレンズよりF値と呼ばれる数値が低いことで、背景をボカしたり、暗いシーンでも撮影できる、
価格が手頃でコンパクトなのも魅力だ。
私のような上級レベルの者でも、メインとして使用できるのがこの50mmなのだ。
 
おいおい、まさか最初の装備が、魚眼レンズや マクロレンズじゃないよな❓
君に特別なオリジナルスキルが備わっていれば、それもありかもしれないな。。