CRF250Lは、キャンプツーリングバイク

 

 

一般公道走行可能なデュアルパーパスモデル、HONDA、CRF250L。
市街地から林道、そしてキャンプツーリングと、オン、オフ問わず、あらゆるシーンで活躍できるバイクです。
 
国内の250ccのバイクは、車検が不要、高速道路の走行が可能ということもあって、もっとも人気のあるクラスです。
 
歴代の複数の仮面ライダーたちが、前モデルのXR250に乗っていたこともあり、僕の中では、HONDAのオフロードバイクは仮面ライダーのイメージが強い。
 
このCRF250Lは、仮面ライダーウィザード、仮面ライダーゴースト、仮面ライダー鎧武のベース車となっています。
 
 
 

 CRF250L購入のきっかけ

 
2017年の夏、Hondaの正規ディーラー、Honda Cars様の撮影を長期で行うことになりました。
 

当時、カワサキのDトラッカーに乗っていたのですが、現場へ他社のメーカーの製品で行くことはモラルに反すると思い、ホンダ車に乗り換えることにしました。
 
検討したのは2車種、CRF250LとCRF250RALLYです。
今後のキャンプツーリングを想定して、Dトラッカーと同じオンロードタイヤを履いたCRF250Mは候補から外しました。
 
CRF250RALLYは発売した直後で、その冒険的なスタイルに憧れたのですが、僕の身長は172センチ。
実際に跨ってみると、爪先立ちぴんぴんのバレリーナ状態。
シートを低くして乗るという選択もありますが、それではこのバイクのバランスが崩れてしまうので、CRF250Lにしました。
 
CRF250LでHonda Carsの撮影に行くと、スタッフ様たちはとても喜んでくれます。
Honda Carsは自動車の販売店ですが、スタッフ様たちはバイク好きの方も多く、通勤やプライベートでホンダのバイクに乗っておられるので、自然と会話が広がり、コミュニケーションに繋がります。  

  

CRF250Lの車体のカラーについて

 
CRF250Lは、ホンダカラーの赤、一色のみです(現行は赤と黒の2色)
最初は真っ赤な色に少し抵抗がありました。
 
僕の世代で赤いマシンと言えば、ガンダムの赤い彗星のシャア・アズナブルのカラーです。
職業柄、カメラマンは目立たないように黒い服を着ていることが多く、これまで自分の持ち物で赤色を購入したことがほとんどありませでした。
 
後からカスタムして色を変えることもできますが、できればオリジナルのままで乗りたいと思っているので、バイクは赤、ヘルメットやブーツ、服などの装備品を黒にしてバランスを取りました。
 
このバイクを一年乗っていて気づいたのは、赤色は写真映えする、つまりインスタ映えするということでした。
 
ドローンで上空から撮影した場合、車体が赤いと、バイクが小さく写っている写真でもすぐに発見できます。
これがもし黒いバイクだと、他の色に混じって、写真で表現されません。
 
アウトドアブランドの服は、原色が多く、色が鮮やかですが、理由は、山で遭難した時に、救助のヘリコプターなどから見つけやすいからです。
 
写真では目立ってナンボ、さすがホンダカラー!!